ホーム>くまさんの整骨日記>整骨コラム>しびれの正体
整骨コラム

しびれの正体

両手、両足、お腹、背中、首、顔としびれるのと痙攣があり咳がとまりませんでした。

 

ストレスなのか病気なのか・・・

 

ヨガと瞑想をしているのでその後はしびれが弱くなったり、なくなったりしてました。

 

ふと思うと、あまりの痛さだった為、歩くのも座ってるのもずっと力が入ってる状態でした。

 

「これだわ・・・」脱力してみよう・・

 

脊髄レベルの症状だからある程度は仕方ないけど顔のしびれは脳だろう・・と思っていましたが

 

単にいつも力の入りすぎ(笑)大げさの極みです。

 

「ここは症状でるよ」「転倒するとまずいから」と医者に言われていたので力が無意識に入ってました。

 

歩き方かえたりとかそういう影響もあるのかもしれません。

 

常にこういうふうにして歩く、立つという意識しすぎで力が抜けてません(笑)

 

お年寄りがよく足の裏が違和感やら痺れる、へたしたら手まで痺れるという方がいますが

 

そりゃー転ばないように下みて歩いてたら力抜けないから余計な体の緊張うむし、痺れるな。。。と納得。

 

人間わがままなもので自分が病気や怪我をすると必死に考えます(笑)より施術に役立ちます。

 

常識的には足の痺れは腰椎レベルなのですが意識レベルがあるとはビックリです(笑)。

 

ご自分の親がご高齢で痺れる方力を抜いて自然にあるかしたらいかがでしょう??

 

もし足の痛みで手術した方で痺れのある方は脱力を練習してみたらいかがでしょう?

 

ヨガや瞑想で力を抜く練習お風呂やマッサージや音楽をきいてリラックスしてみるといかがでしょうか?

 

もちろん他の事が原因で痺れや痙攣がおこる事もありますので一概には言えませんが

 

無理に力の入ってる時間が長ければそれが原因でいう事はありますので1週間ぐらい脱力を試す価値はあると思います。

 

一応自分の場合はまだ1日しかたっていませんが痺れ、痙攣は減りつつあります。咳は少なくなってきました。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kumasan-seikotsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1892

ページ上部へ