ホーム>くまさんの整骨日記>整骨コラム>痛くならない体作り
整骨コラム

痛くならない体作り

当院に来院される方の分類。

怪我をした⇒スポーツや転倒や交通事故

メンテンナンス⇒自費による施術による体の手入れ

 

慢性痛⇒これが厄介で日常生活スタイルによる使い方の間違いによる痛み。

間違った使い方による筋力低下による痛み。

よく聞くのが運動しているんだけど⇒その運動正しく使えていない筋肉使えていますか?

使えていない筋肉があると筋力低下おこしますよ。

自分もそうですがサイクリング、ジョギング、ゴルフ、テニスなどは使えていない筋肉が沢山あります。

逆に使えているところばかり使って手入れしなければ余計に体を壊します。(本人体験済み)

ピッチャーの肩壊したり使い過ぎによるものもあります。

日常生活においても座っている時自分の背中や骨盤がどうなっているか考えてますか?

自分の歩いている時の状態は外側に体重乗っていませんか?

このような事から首痛、腰痛、膝の痛みはきます。

はたしてこれは怪我に入るものか??

運動の使い方の間違えは怪我に入りそうな気もすけど日常で痛くなるのは違うと思います。

基本的には整形外科で病名を言われるのでみなさん怪我か病気と思うんでしょうね。

よく聞くのは「5年前にヘルニアと言われました」「1年前に坐骨神経痛といわれました」

ヘルニアは半年で9割くらいは吸収されるといいますし、そもそもヘルニアある方が痛い日と痛くない日があるでしょうか?

毎日痛いはずです。坐骨神経痛にしてもそうです。ずっと痺れれてないとつじつまがあいません。

それは5年前あるいは1年前から体の使い方が変わっていなくて衰えているところをほったらかしにしているからだと思います。

病名がついている事により「私は病気している、怪我している」と思われるのではないでしょうか??

ではこのような方はどうやって施術するのが良いのでしょうか?

痛みは優先的にとらなければいけません。

毎回右の腰が痛くなるようなら使い方を変えてあげなければいけません。

痛みがひいてきたらちょっとしたストレッチやトレーニングですね。

プラス弱っている筋肉があるので筋力アップしてあげなければいけません。

運動で言うなら水泳やジムのスタジオなどバランスよいのではないでしょうか?

ただそんなキツイのしたくないと思う方は大多数だと思いますのでくまさんの整骨院ではきつかったらやめても良い運動やストレッチをオススメしています。

1回できつかったら1回でやめて頂いて構いませんが1.2時間に1回はおこなってくださいと。

背筋はピッと伸びていなければ体は痛みを作ります。

痛くならない体を作りましょう。

どこにいっても痛みが変わらない方は一度くまさんの整骨院にご相談下さい。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kumasan-seikotsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1875

ページ上部へ