ホーム>くまさんの整骨日記>2020年10月

2020年10月

しびれの正体

両手、両足、お腹、背中、首、顔としびれるのと痙攣があり咳がとまりませんでした。

 

ストレスなのか病気なのか・・・

 

ヨガと瞑想をしているのでその後はしびれが弱くなったり、なくなったりしてました。

 

ふと思うと、あまりの痛さだった為、歩くのも座ってるのもずっと力が入ってる状態でした。

 

「これだわ・・・」脱力してみよう・・

 

脊髄レベルの症状だからある程度は仕方ないけど顔のしびれは脳だろう・・と思っていましたが

 

単にいつも力の入りすぎ(笑)大げさの極みです。

 

「ここは症状でるよ」「転倒するとまずいから」と医者に言われていたので力が無意識に入ってました。

 

歩き方かえたりとかそういう影響もあるのかもしれません。

 

常にこういうふうにして歩く、立つという意識しすぎで力が抜けてません(笑)

 

お年寄りがよく足の裏が違和感やら痺れる、へたしたら手まで痺れるという方がいますが

 

そりゃー転ばないように下みて歩いてたら力抜けないから余計な体の緊張うむし、痺れるな。。。と納得。

 

人間わがままなもので自分が病気や怪我をすると必死に考えます(笑)より施術に役立ちます。

 

常識的には足の痺れは腰椎レベルなのですが意識レベルがあるとはビックリです(笑)。

 

ご自分の親がご高齢で痺れる方力を抜いて自然にあるかしたらいかがでしょう??

 

もし足の痛みで手術した方で痺れのある方は脱力を練習してみたらいかがでしょう?

 

ヨガや瞑想で力を抜く練習お風呂やマッサージや音楽をきいてリラックスしてみるといかがでしょうか?

 

もちろん他の事が原因で痺れや痙攣がおこる事もありますので一概には言えませんが

 

無理に力の入ってる時間が長ければそれが原因でいう事はありますので1週間ぐらい脱力を試す価値はあると思います。

 

一応自分の場合はまだ1日しかたっていませんが痺れ、痙攣は減りつつあります。咳は少なくなってきました。

 

 

 

頭のズレ

毎朝体操をしているのですが頭の真っ直ぐの位置がわからずいつも妻に真っ直ぐじゃないよーと言われています。

 

かなり頭がズレている感じがするのですが・・・・

 

あまり体と違いいい本がないのでちょっと研究がてら自分の頭をやってみると。

 

あら不思議いろいろな所が整うわー。

 

単純に自分の顔をみても鼻が曲がってたり口角が曲がってたりと。

 

少なくとも坐骨神経痛、股関節痛、首痛には効くなーと思いながら日々研究しています。

 

単純に考えても頭蓋骨の中に脳があるので形が変われば膜が捻じれたり脳が圧迫されたりとあるんじゃないのかなーと思っています。

 

少しずつ研究していこうと思います。

お医者さんビックリ

妻「なんか悪い事言われなきゃいいけど・・・」

自分「どうせ悪い事しか言われないよ(笑)」

というわけでMRIの結果を聞きに整形に。

まぁ~ロクな事言われませんでした。

後縦靭帯骨化症に黄色靭帯骨化症もある。

「先生、ストレスだと思うんだけど全身、頭、背中、お腹もしびれるんですよね」

先生「後縦靭帯骨化症は頸椎がメインだから頸椎レントゲンとりましょうか??」

自分「こんだけ色々骨化していて頸椎できてないわけないでよね???」

先生「まぁそうですねー」

自分「じゃあ撮らなくていいです」(笑)

昔血液検査の結果で「リウマチの可能性がある」と言われてなんにも症状なかったのに膝や手指が痛くなった経験があるので

この結果だけでもストレスだな。。。(笑)と。どうせあるのわかるのに今更もう1つ病気増やしてくれなくていいやと。

先生「ここがこうでこうなので右足に行く神経は危ないです」

自分「先生、右足はたいして症状ないし痛かった左足も走れはしないけど階段の上り下り出来るくらい回復していますよ」

先生「じゃあ薬がきいているのかな。。。」

心の中で、俺相当努力しているし歩き方立ち方かえて、背筋真っ直ぐになるようにストレッチ1時間おきにやって

脊髄にあたらないように考えてんだよ!!と思いましたが言葉に出さず。

そして午後、妻が漢方内科に。

妻が相談してくれたらしく漢方の先生いわく「まずは姿勢だよね」「あと冷えと血流をよくすること」

症状は改善できるけどいずれは手術だよね。手術が一番早いし。

という見解でした。

整形の先生より詳しいじゃん。。。しかも俺のやってきた事じゃんと思いながら。

試行錯誤しながらやっていたので漢方内科先に行ってればもっと早く症状おさえられたかもと思いました。

案の定整形でロクな事言われないかったのでストレスでビリビリしています(笑)

整形終わって最初の頃の痛い時にみてくれていた鍼治療へ。

すんなりあお向けうつぶせ出来るのでビックリしていました。自分は脈診できないのでしてもらうと

心と体がアンバランスだねーと。

まぁ今はしゃーないと思いつつその日からお尻の筋肉を徹底的に1時間に1回ストレッチしています。

あとは瞑想をなるべくして脳にストレスを与えないようにしているのともちろんヨガとピラティスも行っています。

悪い予後の話ばかりだと痛いところ増えるなーと実感したので自分も気をつけたいと思います。

さて手術になるまでなるまで粘りましょう。なぜ骨化するか考えないと(笑)

 

ペイペイのお支払いがお得に

2020102151923.jpg

10/1~10/31迄ペイペイでお支払いだとお得のようです。

当院も対象のようですがよくわかっていません・・

残高払い対象のようです。

カードに紐づけしているかたはヤフーカード以外は対象外のようです。

1回2000円分のポイントが上限で月10000円分が上限のようです。

残高払いかヤフーカード紐づけのみ対象のようなのでお間違えなく

 

あきらめないで良かった

難病後縦靭帯骨化症の症状が出てから2カ月ほど。

 

今日はなんの違和感も痛みもなく歩けます。(明日はわかりませんが)

 

この2カ月やってきた事。(長い痛みのある方は参考にしてください。)

 

まずは寝てて叫んで飛び起きるほど左足に激痛が始まったのが始まり。

 

最初にやったのが歩き方、立ち方の見直し。何度も録画して確認し歩き方が悪いので

 

靴とインソールを買いました。

 

同時に体の下半身を主体にアイッシング。2週間は椅子で寝ていました。

 

9月に入るころから壁ペタストレッチ開始。自分の姿勢改善の為に歩行とうつ伏せで寝ている姿を録画し

 

何度も見返し悪いところを改善していきます。

 

9月上旬~中旬くらいから体操開始。これは昔からアメリカ発祥の体操の本をもっていたので毎日行っています。

 

壁ペタストレッチと他のストレッチ、体操は毎日続けています。沢山体の構造の本買い弱っている筋肉を確かめました。

 

9月下旬~10月の症状としてはたまに前モモの痛み、ふくらはぎの前にささる痛みがたまに、左足の脱力感。

 

10月に入りヨガ(主に上半身)とピラティスも行っています。プラス内転筋と中殿筋の簡単なトレーニングを行っています。

 

妻から「よくそんなに頑張れるよねー」と言われるほどです。

 

今日になり痛みが消えました。力も入ります。

 

自分なりには仙腸関節機能障害だと思っていたので、後縦靭帯骨化症の症状ではないと自信があったのがひとつ。

 

もう一つは嫌にならない程度に頑張った事が良かったと思います。

 

まだまだ痛みがぶり返す事が考えられるので粘り強くやっていきます。

 

腰のヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症や腰椎分離症、坐骨神経痛や私みたいな腰痛後縦靭帯骨化症で悩んでる方は参考にしてください。

 

毎日行う事が大事でしっかりと段階をふんで行う事が大事です。

 

 

痛くならない体作り

当院に来院される方の分類。

怪我をした⇒スポーツや転倒や交通事故

メンテンナンス⇒自費による施術による体の手入れ

 

慢性痛⇒これが厄介で日常生活スタイルによる使い方の間違いによる痛み。

間違った使い方による筋力低下による痛み。

よく聞くのが運動しているんだけど⇒その運動正しく使えていない筋肉使えていますか?

使えていない筋肉があると筋力低下おこしますよ。

自分もそうですがサイクリング、ジョギング、ゴルフ、テニスなどは使えていない筋肉が沢山あります。

逆に使えているところばかり使って手入れしなければ余計に体を壊します。(本人体験済み)

ピッチャーの肩壊したり使い過ぎによるものもあります。

日常生活においても座っている時自分の背中や骨盤がどうなっているか考えてますか?

自分の歩いている時の状態は外側に体重乗っていませんか?

このような事から首痛、腰痛、膝の痛みはきます。

はたしてこれは怪我に入るものか??

運動の使い方の間違えは怪我に入りそうな気もすけど日常で痛くなるのは違うと思います。

基本的には整形外科で病名を言われるのでみなさん怪我か病気と思うんでしょうね。

よく聞くのは「5年前にヘルニアと言われました」「1年前に坐骨神経痛といわれました」

ヘルニアは半年で9割くらいは吸収されるといいますし、そもそもヘルニアある方が痛い日と痛くない日があるでしょうか?

毎日痛いはずです。坐骨神経痛にしてもそうです。ずっと痺れれてないとつじつまがあいません。

それは5年前あるいは1年前から体の使い方が変わっていなくて衰えているところをほったらかしにしているからだと思います。

病名がついている事により「私は病気している、怪我している」と思われるのではないでしょうか??

ではこのような方はどうやって施術するのが良いのでしょうか?

痛みは優先的にとらなければいけません。

毎回右の腰が痛くなるようなら使い方を変えてあげなければいけません。

痛みがひいてきたらちょっとしたストレッチやトレーニングですね。

プラス弱っている筋肉があるので筋力アップしてあげなければいけません。

運動で言うなら水泳やジムのスタジオなどバランスよいのではないでしょうか?

ただそんなキツイのしたくないと思う方は大多数だと思いますのでくまさんの整骨院ではきつかったらやめても良い運動やストレッチをオススメしています。

1回できつかったら1回でやめて頂いて構いませんが1.2時間に1回はおこなってくださいと。

背筋はピッと伸びていなければ体は痛みを作ります。

痛くならない体を作りましょう。

どこにいっても痛みが変わらない方は一度くまさんの整骨院にご相談下さい。

 

 

 

検査

サッカーをやっている子の腸腰筋が短縮していないか、お尻の臀筋がしっかり使えているか検査。

 

運動しているのでパフォーマンスにも影響するし、若いうちに弱点はわかってた方が良いので。

 

もともと2人とも猫背があり腰が悪く1人は分離症、1人はヘルニアの整形外科の診断をうけました。

 

2週間前から簡単なトレーニングをお願いし、腰が痛いとは言わないので成果は出ていると思います。

 

体はかなり良くなっていたので腸腰筋はクリアー、臀筋検査して2人とも片方の臀筋は使えてない・・・・・

 

自分も全く使えてなくて今強化中ですが、中学生でも使えていないのはビックリ。。

 

そりゃー何十年も自分の右のお尻が使えていないかったら体壊すの当然デスネ・・・

 

自分の体を考えても納得。

 

2人は右の臀筋の強化をお願いしました。

 

長年子供の怪我などみていますが子供の場合はどういう施術するかよりも体を正常に使えてあげるようにした方が痛みはでにくいと思います。

 

ちなみに別の子ですが歩き方が悪いと10才くらいでも外反母趾の感じがあり更にびっくりしました。

 

悪い癖は早く改善した方が得です。

 

凄い体に理想の体の使い方

ドクターYを昨日みていて「うわ・・・すげー体!」とびっくりしました。

 

もともとドクターXは好きで結構みてたのですが、当時と体に対する考え方が違ったので今までは気づきませんでした。

 

内田有紀さんの骨盤の位置(前傾、後傾でもなく)立ってる時、歩いてる時も良い感じで背筋が使えていて胸も開いて前側はしっかり伸びている感じで凄い!

 

この人痛いところないだろうなと・・・

 

さらに一般人で良く使えていない多裂筋、お尻の大中臀筋、内転筋がしっかりと使えて「この人凄いな・・・」と驚きました。

 

しかも歩いている時、立っている時、走っている時など乱れない。かなり体幹のインナーマッスル鍛えてるなーというイメージでした。

 

まさに病気してから色々勉強して調べた理想の形でしたので、なにしているのだろうと調べてみたらピラティスをしているようで。

 

個人的には使えていない体幹、下半身の筋肉を使えるように今努力していて、お腹側が伸びて背中側が縮むと弱かった筋肉がより弱くなっているようで(まぁ休んでたせいもあるでしょうけど)

 

トレーニングどうするかなーと考えてたところ凄い体の使い方をみせられたので

 

さっそくユーチューブでピラティスチャレンジ!!

 

ん。。。。。凄いきつい。。。。

 

動画のお姉さん出来ているのに俺できない・・・・

 

女性より男性のが筋力あるんじゃないの????とか思いつつ

 

「凄い疲れる」これで初心者用ですか・・・・これから出来るように頑張ります!

 

30代後半くらいから体を見直す良いチャンスです。

 

病気や痛みを回避するために絶対必要だと思います。

 

自分は甘えて10年くらい無視していたので今はしっかりと体操からストレッチから行っています。

 

ストレッチなどは伸ばしてはいけないところ、伸ばし方の間違いなどもあるので要注意です。

 

朝晩は体操とストレッチをおこなっているのでとりあえずユーチューブのお姉さんのマネが出来るように昼休みやあいてる時間にピラティスしようかなーと。

 

今現状40代以上で痛みが頻繁に出る人は体を変えた方が良いです。

 

今まで使い方がダメだから痛みが出ているはずなので!

 

特にデスクワークの方は姿勢と使い方は要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ