ホーム>くまさんの整骨日記>整骨コラム>足を閉じて生活
整骨コラム

足を閉じて生活

左足太もも前面の痛みが出る為色々工夫しています。

 

テーピングを貼れればかなり違うのですがかぶれてしまっている為工夫しています。

 

特に朝よりも夕方~夜のが痛みが増します。

 

座ってからの立ち上がりも比較的痛みます。

 

歩行は痛み重さがきます。

 

まぁ神経症状といってしまったら無抵抗でずっと痛いままで過ごさなきゃいけないので後縦靭帯骨化症の神経症状とは思わないようにしています。

 

病気的に女性より男性に多い。50代以降に多い。太っている人が多いと整形外科のまとめで書いてありました。

 

まず痩せなきゃと思っているのですがそんな急に体重は減りません。(もちろん努力しています)

 

使われていない筋肉を使うようにしています。例えば多裂筋、内転筋など

 

筋トレすればいいんでしょうけどそんな事出来ないのでストレッチから。

 

使われていない筋肉を目覚めさせるために1-2時間に1回ストレッチをしています。

 

使えるようになってきたらバランスボールなどでトレーニングをしようとは思っています。

 

そして姿勢・・・だいたいヘルニアでも痛い方が片方なら股関節は外方向に捻じれてると思います。

 

自分の左足も左股関節は外旋しています。そして左骨盤は外旋の影響で後方にいってるようにみえます。

 

ためしに立って軽く左足を内股、右足をがに股にすると骨盤のズレが解消されています。

 

使い方による癖ですね・・・

 

そして自分の場合は立ってる時も座っている時もかなり足を開いています。

 

均等に開ければいいのですが必ず開く方がありますので年齢重なれば重なるほどダメージがでます。

 

あぐらはしませんがあぐらする人で腰や仙腸関節が痛い人要注意です。

 

立っている時座っている時なるべく足を閉じます。特に立っているときは《きをつけ》の姿勢でかなり楽になります。

 

自分を見たことある人はわかるでしょうが人並み以上に太っているので同じ足を開くにしても太もも太いので余計に開かなくてはなりません。

 

太っている方で腰の痛い方仙腸関節の痛い方生活見直すだけ少し変わる可能性が大きいです。

 

特にヘルニアや仙腸関節機能障害や脊柱管狭窄症などの方は色々と合併していることが多いので

 

まず生活での姿勢を変えてみると良いと思います。

 

もちろん自分ではなかなかわからないのでくまさんの整骨院にご来院頂ければと思います。

 

ちなみに自分の痛みはMAX10が最高潮に痛いとしたら痛い時でMAX7 楽な時は痛み0まできています。

 

もちろん自分の院での電気による治療(インディバ、干渉波)週1回の鍼治療、漢方など飲んでいます。

 

処方箋は効かないので全く飲んでません(笑)

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kumasan-seikotsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1843

ページ上部へ