ホーム>くまさんの整骨日記>2020年9月

2020年9月

足を引きずって歩いてる人多いな・・

この立場になって歩いてる時よく見てみると若いのに片方足引きずってたり杖ついて歩い人いがいに多いんだなーと。

 

幸いにも自分は今は二本足で歩けてたぶん引きずっているようには見えていないと思います。

 

まぁ早くは歩いていませんが・・・

 

色々の事情があってびっこだとは思いますが、家でのストレッチ、あるいはどこかで施術を受けた方がいいのになー

 

と思ってしまいます。

 

自分も腰椎ヘルニアや後縦靭帯骨化症と言われましたが毎日の努力のかいもあって少しずつマシになってきます。

(いきなり悪化するかもしれませんが)

どれだけ体の使い方を間違えていたかもわかってきました。

 

歩けば首も動くのでお腹から体全体使って歩くだけでも少し歩けるようになりました。

 

さらに背筋をのばして骨盤を立てて歩くともっと歩けようになりました。

 

足首捻挫の既往歴などある場合は立っている時や歩行の重心を踵にしないでみてください。

 

捻挫がなくても立ってみて踵に体重が乗りすぎていてればもうちょっと前に持っていく努力をしてみてください。

 

足ひずって歩いている方はこの三つだけでもやってみてください。

 

少し体の変化があるかもしれません。

 

 

足を意識しすぎないで歩く

だんだんと痛みの症状は緩和しているもの歩行は足が重くなってくるのでなんとかならんもんかなーと。

 

お腹を意識して歩く!ネットで見ちゃいました(笑)

 

左足を出すときは左のお腹、胸あたりから前に出すように歩いてみると。。。

 

「あら不思議・・・重いのはあるけど歩きやすい」

 

前にラグビーのトレーナーさんの本を読んだときに胸が突き出て走るのが理想と。

 

昔のサッカーの中田選手なんかはそうでしたねー。

 

普通は走ろうとする意識のあまり頭が下がって走り出します。

 

胸から走ると体幹はかなり安定するはず。

 

お腹から歩くようにするとまず脱力感はなく体幹で支えてくれてます。

 

無意識で足だけを使う歩き方をしているのでちょっと意識的に改善中です。

 

立ち方も自分の場合は腹が出ているので踵にいつも重心がのっているので少し足の母指球あたりに。

 

今までの悪いスタイルを変える事で少しずつ日常を取り戻してきました。

 

長い足の痛みが気になる方はお腹からあるいてみてはどうでしょう?

 

もちろんそういった症状の方はくまさんの整骨院にご来院ください_(._.)_

ひどい痛みは時間がかかる

最初の症状がでてから1カ月(8/9あたり?)、後縦靭帯骨化症と診断されてから3週間ほどたちました。

 

ここ最近変えたこと。

 

靴とインソールを新しくしました。自分の寝ている姿を受付に写真をとってもらったらひどく足首が悪かったので。

 

さすがに壊れていなくても長くインソールを使っていると自分の歩き方にあってきてしまい

 

靴の形も癖付けてしまうようです。

 

ハムストのストレッチを強烈にいれてみました。(ストレッチボードにのって)

 

自分の中では仙腸関節がかなりやられているのがわかっていたので足からバランスをとるように心がけました。

 

最近は杖なしで歩けて布団で寝れるようになりました。

 

昨日はインディバの特殊な方法で仙腸関節に自分でアプローチしました。

 

なにがきいてるのかわかりませんが昨日の夕方すぎから1回痛くなって激的によくなってきました。

 

歩けるけど力が抜けてく感じと多少の痛み重さだるさが左足に残る事、少し腰が痛い時があるなどの症状はありますが・・・

 

まぁそれでも自分の足で歩けるのはありがたい事です。

 

今思えば最近は(ここ一年以内)首の激しい痛みがきたり、腰が珍しく痛くなったりバランスを崩していた可能性が高い。

 

いつまで少し良い状態が続くかわかりませんがストレッチ系は毎日継続しています。(もともとやっていましたが)

 

施術でも良くなったと言われて家でのメンテナンスをやめてまた痛みが出る方も沢山います。

 

若い時にスポーツなどで足首捻挫や怪我している方は40代以降かなりバランスを崩しますのでメンテナンスをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

足を閉じて生活

左足太もも前面の痛みが出る為色々工夫しています。

 

テーピングを貼れればかなり違うのですがかぶれてしまっている為工夫しています。

 

特に朝よりも夕方~夜のが痛みが増します。

 

座ってからの立ち上がりも比較的痛みます。

 

歩行は痛み重さがきます。

 

まぁ神経症状といってしまったら無抵抗でずっと痛いままで過ごさなきゃいけないので後縦靭帯骨化症の神経症状とは思わないようにしています。

 

病気的に女性より男性に多い。50代以降に多い。太っている人が多いと整形外科のまとめで書いてありました。

 

まず痩せなきゃと思っているのですがそんな急に体重は減りません。(もちろん努力しています)

 

使われていない筋肉を使うようにしています。例えば多裂筋、内転筋など

 

筋トレすればいいんでしょうけどそんな事出来ないのでストレッチから。

 

使われていない筋肉を目覚めさせるために1-2時間に1回ストレッチをしています。

 

使えるようになってきたらバランスボールなどでトレーニングをしようとは思っています。

 

そして姿勢・・・だいたいヘルニアでも痛い方が片方なら股関節は外方向に捻じれてると思います。

 

自分の左足も左股関節は外旋しています。そして左骨盤は外旋の影響で後方にいってるようにみえます。

 

ためしに立って軽く左足を内股、右足をがに股にすると骨盤のズレが解消されています。

 

使い方による癖ですね・・・

 

そして自分の場合は立ってる時も座っている時もかなり足を開いています。

 

均等に開ければいいのですが必ず開く方がありますので年齢重なれば重なるほどダメージがでます。

 

あぐらはしませんがあぐらする人で腰や仙腸関節が痛い人要注意です。

 

立っている時座っている時なるべく足を閉じます。特に立っているときは《きをつけ》の姿勢でかなり楽になります。

 

自分を見たことある人はわかるでしょうが人並み以上に太っているので同じ足を開くにしても太もも太いので余計に開かなくてはなりません。

 

太っている方で腰の痛い方仙腸関節の痛い方生活見直すだけ少し変わる可能性が大きいです。

 

特にヘルニアや仙腸関節機能障害や脊柱管狭窄症などの方は色々と合併していることが多いので

 

まず生活での姿勢を変えてみると良いと思います。

 

もちろん自分ではなかなかわからないのでくまさんの整骨院にご来院頂ければと思います。

 

ちなみに自分の痛みはMAX10が最高潮に痛いとしたら痛い時でMAX7 楽な時は痛み0まできています。

 

もちろん自分の院での電気による治療(インディバ、干渉波)週1回の鍼治療、漢方など飲んでいます。

 

処方箋は効かないので全く飲んでません(笑)

 

 

施術の変化

今まで当たり前のように出来てた事が出来なくなり、その分小さな喜びが増えました。

 

例えばコンビニまでいって歩いて帰ってこれた(笑)布団で少し寝れたバンザーイ!(笑)

 

もちろん施術に関しての意識も特段変わりました。

 

自分のぐちゃぐちゃの体をいじっているせいなのか調べ物など沢山しているせいなのか。

 

整骨院の先生が動きがおかしいから嫌だと思う方もいるかもしれませんが

 

難病になって痛い思いを毎日してるからこそわかることがあると思っています。

 

幸いにも痛みは少しずつ変化をしていて、施術に関しても寝違え、ぎっくり腰など症状改善が

 

以前より早くなっています。もちろん人によるとは思いますが病気のおかげだなーと実感しています。

 

ただ以前のように営業時間内どこかの時間あいてれば予約入れられますというスタイルではなくなってきました。

 

以前の人数施術すると体の状態がおもしわくない為人数で区切らせて頂いてます。

 

もう少し症状治まってきたら以前のように出来ると思いますのでしばらくは皆さまにご迷惑をおかけします。

 

 

 

後縦靭帯骨化症その後

後縦靭帯骨化症と診断されてから3週間ほど。

 

最初は動く事、寝返りする事が困難でしたが今は少しずつ症状は良くなってきます。

(病気が治るわけではないですが)

 

ただやみくもに衰えて耐えて手術を待つのもしゃくなので自分なりに抵抗しています(笑)

 

最近はテーピングとストレッチを自分で行い、鍼治療も行っています。

 

動いてない、使われていない筋肉を使う事をメインにストレッチしています。

 

ただ1日フルで仕事をしていると帰りには左足の機能がほとんどなくなる為

 

人数制限をさせて頂いてます。

 

皆様には申し訳ないですが人数制限で終わった時刻で営業終了とさせて頂いてます。

 

 

ページ上部へ