ホーム>くまさんの整骨日記>整骨コラム>体の傾き
整骨コラム

体の傾き

20181029185855.jpg

くまさんの整骨院では体を真っ直ぐ使えているかを重視します。

首、背中、腰、膝などが痛い場合 腰が痛ければ腰が悪いとは考えません。

なぜ腰が悪いから腰が痛いと思うか?

それは自分が曲がってるとは思わないからです。

上の図はあえて右に傾いています。

実際に初診時に見るパターンとしては多いパターンです。

肩のラインと耳のラインを線で結んでます。(わかりずらいですが黒線です)

どちらも右下がり+おしりは若干左にいってます。

くまさんの整骨院ではiPadを使って写真にて撮影します。

デスクワークであれば座ってる姿勢

立つとき痛ければ座って立つ姿勢

曲がってないか確認させてもらってます。

当然真っ直ぐと曲がってるのとでは曲がってる方が痛くなります。

その曲がりが10年なのか50年なのかであれば後者の方が痛みの引き具合も遅いし時間もかかります。

利き目 利き足 利き手 がある限り左右対称に使えませんで当然筋肉が引っ張られれば痛くなります。

なかなか自分で自分が曲がってるか確認しずらいと思うのでしつこい首痛、背中痛、腰痛、膝痛、などはご相談ください。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kumasan-seikotsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1224

ページ上部へ